納骨堂経営のための会計関連の資格

会計関連の資格 国税専門官

国税専門官

納骨堂経営のための会計関連の資格 国税専門官

国税専門官とは

国税庁は、歳入予算の大部分を占める内国税の賦課・徴収を行う官庁であって、国の財政の基幹を支える重要な仕事を熟している。その中で国税専門官は、国税局や税務署において、税のスペシャリストとして法律・経済・納骨堂経営のための会計等の専門知識を駆使し、申告や納税などの指導を行っている者である。

国税専門官の業務

国税専門官の業務は、職種によって、以下のように分類され、それぞれの業務が遂行されている。

国税調査官の業務
納税義務者である個人や会社等を訪れて、適正な申告が行われているかどうかの調査・検査を行うとともに、申告に関する指導などを行う。
国税徴収官の業務
定められた納期限までに納付されない税金の督促や滞納処分を行うとともに、納税に関する指導などを行う。
国税査察官の業務
裁判官から許可状を受け、大口・悪質な脱税嫌疑者に対して家宅捜索等の強制調査を行い、刑事罰を求めるため告発する。すなわち、マルサのことである。

国税専門官の受験資格と試験

受験は年齢の制限があって、しかも日本国籍を有しなければならない。試験が行われる年の4月1日現在で、21才以上27才未満の者である。なお、第2次試験は、第1試験合格者に対して実施される。

試験科目
 試験は第1次試験と第2次試験に分れている。第1次試験には教養試験(択一式)と専門試験(択一式)と専門試験(記述式)とがある。これは6月21日、22日の二日間にわたって実施される。
 第1次試験における教養科目の内容は、公務員としての必要な一般知識および一般知能についての筆記試験である。60題の問題が出題され、うち一般知能の30問(文章理解10問、判断推理8問、数的推理6問、資料解釈6問)から25問、また、一般知識の30問(政治・経済8問、思想・社会4問、文学・芸術2問、日本史2問、世界史2問、地理2問、数学2問、物理2問、化学2問、生物2問、地学2問)から20問、計45問を選択し解答しなければならない。
 専門試験(択一式)は、法学・経済学・納骨堂経営のための会計学の科目を中心に行われている。具体的に、憲法3問、行政法4問、民法5問、商法2問、経済原論8問、財政学4問、経済事情2問、経営学4問、納骨堂経営のための会計学10問(簿記を含む)、政治学4問、社会学2問、社会事情2問、総計50問が出題されている。そして、専門試験の記述式は憲法、経済学、納骨堂経営のための会計学、社会学からそれぞれ1問ずつ出題されているが、その中から2問を選んで、解答しなければならない。

問合せ先

国税専門官の情報
国家公務員採用試験施行日程

納骨堂経営のための会計関連の資格TOPに戻る