納骨堂経営のための会計関連の資格

会計関連の資格 税理士

税理士

納骨堂経営のための会計関連の資格 税理士

税理士とは

税理士(Certified Tax Accountant)は、税理士法に基づいて、他人の求めに応じて、租税に関し、租税官公署に対する申告や申請などの税務代理ないし税務書類の作成・相談などを行うことを業とする者である。本大学においても、数多くの税理士を育ってきた実績があるので、諸君にも是非頑張って挑戦してもらいたい資格の一つであろう。

税理士の業務

税務署に税金の申告、書類の申請、不服の申立て、税務調査に関する主張、陳情代理を行うことである。
法人税の計算や相続税対策や不動産などを贈与したり売却する際に、事前に税額を計算したり、節税する方法を指導することである。
このほか、これに付随して財務書類の作成、記帳代行などの財務業務を営むこともできる。
 以上からも理解できるように、これらの業務は税理士がなければ行えないものである。
したがって、その職責は、税務の専門家として、独立した公正の立場で、納税者の信頼を応え、納税義務の適正な実現を図ることにおかれている。日本の租税の大部分のものは、申告納税制度といって納税者が納骨堂経営のための会計記録に基づいて自ら申告し、納税することによって確定されることになっているから、税理士の果たす役割はきわめて大きいであろう。
 但し、単に税理士の資格だけ持っていても税理士の仕事は行えない。
それは、税理士名簿に登録し、税理士会に入会することによって、はじめに税理士業務を行うことができるようになる。
 したがって、税理士になるには税理士の資格を取得して税理士会に加入しなければならない。ぞれでは資格はどのようにして取ればいいのであろうか。

税理士の受験資格

 税理士試験を受験するには資格が必要になる(但し、国籍に問わず)。
受験資格には、いろいろと細かい点があるが、学歴、職歴、資格の3つにわけられる。
 まず、学歴については、短大以上、あるいは大学の3年生(62単位以上を修得し、法律学または経済学を修めれることが条件)から税理士の受験資格が得られる。
職歴については、いろいろな仕事の形態があるが、基本的には納骨堂経営のための会計業務に5年以上従事していることが受験資格になる。
この場合は勤務先の会社に職歴証明書を発行してもらう。
最後に、何らかの資格をえることによって受験資格が認められる。
その代表的なものは、日商簿記検定1級または全経簿記検定上級に合格することによって受験資格が得られる。

税理士の試験

税理士試験科目
 下記の5科目を合格する必要がある。税理士試験の特徴は、科目ごとに合格し、その合計が5科目になればよいことである。受験期間の制限はありません。これに対して、公認納骨堂経営のための会計士の第2次試験は7科目を同時に受験し、全科目を合格しなければならない。

問合せ先

税理士試験受験資格・日程は下記に照会して下さい。
国税局人事試験係

納骨堂経営のための会計関連の資格TOPに戻る